ハーバー・D. カーティス(英語表記)Heber Doust Curtis

20世紀西洋人名事典の解説

ハーバー・D. カーティス
Heber Doust Curtis


1872.6.27 - 1942.1.8
米国の天文学者。
元・ミシガン大学天文台長。
ミシガン州マスケゴン生まれ。
1894年ナパ・カレッジでラテン語教授となり、そこで天文学に興味を持ち始める。パシフィック大学で数学と天文学の教授となる。彼が最初に取り組んだのは皆既日食や、視線速度の研究であった。1909年から11年間渦巻き星雲の撮影とその性質の研究に従事する。’20年4月26日、島宇宙説に反対の意を表明するシャプレーと全米科学アカデミーで大論争を繰り広げたことで有名。アレゲニー天文台長を経て、’30年ミシガン大学天文台長となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android