コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーバー・D. カーティス Heber Doust Curtis

20世紀西洋人名事典の解説

ハーバー・D. カーティス
Heber Doust Curtis


1872.6.27 - 1942.1.8
米国の天文学者。
元・ミシガン大学天文台長。
ミシガン州マスケゴン生まれ。
1894年ナパ・カレッジでラテン語教授となり、そこで天文学に興味を持ち始める。パシフィック大学で数学と天文学の教授となる。彼が最初に取り組んだのは皆既日食や、視線速度の研究であった。1909年から11年間渦巻き星雲の撮影とその性質の研究に従事する。’20年4月26日、島宇宙説に反対の意を表明するシャプレーと全米科学アカデミーで大論争を繰り広げたことで有名。アレゲニー天文台長を経て、’30年ミシガン大学天文台長となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ハーバー・D. カーティスの関連キーワードレジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーンダンディ日本郵便制度史(年表)乗車券シェーンベルク

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android