ハーフェル川(読み)はーふぇるがわ(英語表記)Havel

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーフェル川
はーふぇるがわ
Havel

ドイツ北東部を流れる川。エルベ川の支流。北ドイツ低地の湖水地方、ダムベッカー湖に源を発してメクレンブルク・フォアポンメルン州を南流し、ブランデンブルク州に入りベルリン西部を北から南へ流れ、さらに西から北西へ向かってハーフェルベルクの約10キロメートル下流でエルベ川に合流する。流長341キロメートル。多くの運河によって他の河川とも結ばれ、ベルリン付近における水上交通路網の一環をなし、水運上、重要な役割を果たしている。[浮田典良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android