ハーマンモデル

人材マネジメント用語集の解説

・ゼネラル・エレクトリック(GE)社に勤務していたネッド・ハーマンが生み出した大脳生理学に基づく行動分析手法で、ロジャー・スペリーの『右脳・左脳モデル』とポール・マクリーンの『三位一体型脳モデル』を複合的に組み合わせた脳の優位度
(利き脳)の関係を数値化したもの。
・『右脳・左脳モデル』は右脳を「イメージ脳」、左脳を「言語脳」と捉え、一方『三位一体型脳モデル』は、人間の脳は段階的に爬虫類の脳、哺乳類の脳の順に発達し(辺縁皮質)、さらに大脳新皮質で覆われているというもので、辺縁系を「本能
的・感情的」、大脳新皮質を「事実認識・理知的」と捉えている。
・つまり、ハーマンモデルは、脳を「右脳・左脳」に分け、さらに、左右それぞれを「大脳新皮質・辺縁皮質」に分け、脳の機能を4象限に分けて説明したものである。
・各象限の優位性における特徴は以下の通りである。
-A象限:大脳新皮質/左脳 ⇒ 論理的、数量的分析が得意
-B象限:辺縁皮質/左脳 ⇒ 計画的、順序立てた実行が得意
-C象限:辺縁皮質/右脳 ⇒ 感覚的、他人の感情を汲み取ることが得意
-D象限:大脳新皮質/右脳 ⇒ 革新的、新しいものを生み出すことが得意
・脳優位度は思考の傾向や物事の捉え方に影響を及ぼすため、各象限間のコミュニケーションにおいて以下のような相関関係を生じる。
◆同象限内でのコミュニケーション(A-A間、B-B間、C-C間、D-D間)
-コミュニケーションの困難度は小さい
(自由な流れで波長が合う。競合することや、井の中の蛙になる可能性がある)
◆同側象限同士のコミュニケーション(A-B間、C-D間)
-コミュニケーションの困難度は中くらい
(相互の思考を支持・強化することができる。時に理解の仕方を間違えることもある)
◆対称象限同士のコミュニケーション(A-D間、B-C間)
-コミュニケーションの困難度は中くらい
(相互に思考の補強・合成することができる。思考スタイルの違いが、挑戦的になることもある)
◆対角象限同士のコミュニケーション(A-C間、B-D間)
-コミュニケーションの困難度は大きい
(補い合うが対立もあり、誤解も起こる )

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android