バイカイカリソウ(読み)ばいかいかりそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイカイカリソウ
ばいかいかりそう / 梅花錨草
[学]Epimedium diphyllum (Morr. et Decne.) Lodd.

メギ科の多年草。葉は1、2回二出し、小葉はほぼ卵形、先は丸く基部は心臓形、縁(へり)はほとんど鋸歯(きょし)がない。4~5月、径1~2センチメートルの白色花を3~6個、総状につける。名は、花形がウメに似ていることによる。低地の林縁に生え、中国地方、四国、九州に分布する。[鈴木和雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバイカイカリソウの言及

【イカリソウ】より

…キバナイカリソウE.cremeum Nakai et F.Maek.は,花弁が葉緑素を含み淡黄色で,北海道,近畿以北の本州に分布し,石灰岩地や日本海側に多い。バイカイカリソウE.diphyllum (Morr.et Decne.) Lodd.は四国,九州に分布し,葉は1~2回2出複葉,小葉は円頭で刺毛はほとんどなく,小さい白い花をつける。ホザキノイカリソウは中国中部原産で,薬草としてまれに栽培され,花茎に1回3出複葉を1対と,短い距のある白い小さい花を多数つける。…

※「バイカイカリソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android