コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイキュービック法 ばいきゆうびつくほう

1件 の用語解説(バイキュービック法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バイキュービック法

3次補間法と呼ばれている画像の補間方式。情報の損失がもっとも少なく、自然な画像が得られる。ただし、複雑な演算を行なうため処理に時間がかかる。一般のスキャナーでは1次補間法(2点を通る直線上にある画素を参照して計算する)や最近傍法(ニアレストネイバー法)で計算させている機種が多いが、バイキュービック法のほうが情報の損失が少なく、写真画などでは滑らかで自然な画像が得られる。Adobe Photoshopではバイキュービック法を使用できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイキュービック法の関連キーワード光学解像度デジタルズーム補間レタッチスターリングの補間公式内挿法補外法補間法ハイブリッド方式画素補間

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイキュービック法の関連情報