コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイキュービック法 ばいきゆうびつくほう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バイキュービック法

3次補間法と呼ばれている画像の補間方式。情報の損失がもっとも少なく、自然な画像が得られる。ただし、複雑な演算を行なうため処理に時間がかかる。一般のスキャナーでは1次補間法(2点を通る直線上にある画素を参照して計算する)や最近傍法(ニアレストネイバー法)で計算させている機種が多いが、バイキュービック法のほうが情報の損失が少なく、写真画などでは滑らかで自然な画像が得られる。Adobe Photoshopではバイキュービック法を使用できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バイキュービック‐ほう〔‐ハフ〕【バイキュービック法】

bicubic interpolation》コンピューターによる画像処理で、画像の回転・拡大・変形を行うときの画素補間法の一。求めたい画素の周辺の4×4画素(16画素)の輝度値を参照し、三次式で近似して補間する。濃淡や色の急激な変化を再現するのに適するが、計算に時間を要する。三次補間法。→ニアレストネイバー法バイリニア法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android