コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイメタル温度計 バイメタルおんどけいbimetal thermometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイメタル温度計
バイメタルおんどけい
bimetal thermometer

バイメタルが熱せられたとき,膨張係数の小さい金属の側へ湾曲する性質を利用した温度計。使用するバイメタルは,黄銅とアンバー (ニッケル 36%のニッケル鋼) の組合せが多く,普通,温度計の目盛り範囲は-20~150℃以内であるが,高温用のものもある。板状バイメタルの一端を固定し,他端の動きをてこで拡大して記録させる気象用自記温度計や,保護管に渦巻形,弦巻形のバイメタルを収めた工業用温度計などがある。また,家庭用電気器具などで自動温度調節に用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バイメタル‐おんどけい〔‐ヲンドケイ〕【バイメタル温度計】

金属温度計

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バイメタルおんどけい【バイメタル温度計 bimetallic thermometer】

バイメタルを用いた温度計。バイメタルの湾曲の程度は温度で変わるから,一端を固定したバイメタルの他端の変位で温度を表示させることができる。簡便でじょうぶな温度計として広く用いられ,また温度の制御にも利用される。ふつう,-50~+500℃の範囲で用いられる。【高田 誠二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バイメタル温度計の関連キーワード寒暖計

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android