バキリデス(読み)ばきりです(英語表記)Bakchylides

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バキリデス
ばきりです
Bakchylides
(前520ころ―?)

古代ギリシアの叙情詩人。エーゲ海のケオス島の出身。シモニデスの甥(おい)。詩人の叔父から作詩を学び、テッサリア、マケドニアの貴族のために頌歌(しょうか)をつくり、またディティランボス(合唱隊歌)の競演に参加した。紀元前476年、シチリアのシラクサの僭主(せんしゅ)ヒエロンがオリンピア祭の競馬で優勝したとき、これを祝う歌をつくった。このころ彼は叔父とともにヒエロンに招かれてシラクサに滞在した。さらにこの僭主のため、前470年のピュティア祭の競馬、前468年のオリンピア祭の戦車競走における優勝を記念する歌をつくった。また、同様にヒエロンのため祝勝歌を作詩したピンダロスと技を競い合ったが、ピンダロスはあるオリンピア競技の祝勝歌のなかで、自らをゼウスに仕える鷲(わし)に、競争相手をいたずらにわめく烏(からす)にたとえている。彼はさらに賛歌、行列歌、乙女歌、舞踏歌などをつくったが、近年パピルスで発見された若干の競技祝勝歌とディティランボスを除き、ほとんどが失われた。彼は古来しばしばピンダロスと比較され、深みが欠けるといわれるが、その洗練された言語は独特の荘重な響きをもち、神話、英雄伝説の叙述は明快で印象的である。[岡 道男]
『高津春繁訳『バッキュリデース詩集』(『世界名詩大成1』所収・1962・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android