コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バサラブ朝 バサラブちょうBasarab(Bassarab; Bessaraba)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バサラブ朝
バサラブちょう
Basarab(Bassarab; Bessaraba)

ルーマニアの王朝名。家系の起源は不明。 1658年までワラキア一帯を統治。バサラブ1世 (在位 1330~52) はワラキアに封建国家を建国,ブルガール人の支援を得てビザンチン帝国やハンガリーと抗争。ミルチヤ老公 (在位 86~1418) 治世下にオスマン帝国と対立,1417年まで帝国の宗主権下におかれた。ネアゴエ・バサラブ (在位 1512~21) のとき王朝は再び安定し文化も栄えた。ミハイ勇敢公 (在位 93~1601) は全ルーマニアの団結をはかり,一時オスマン帝国の侵入を撃退したが,再び敗れた。しかしマテイ・バサラブ (在位 32~54) はトランシルバニア諸侯と結んでオスマン帝国に対抗,国政上の諸改革とともに文化や経済を発展させたが,次のコンスタンチン・シェルバンに男子継承者がなく,1658年シェルバンの死によって王朝は断絶した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android