コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バソフ

百科事典マイペディアの解説

バソフ

ソ連の物理学者。モスクワ物理工学大学を卒業し,1948年レーベデフ研究所に入り,1973年副所長。プロホロフと協力して負の温度,誘導放射等に関する量子理論を展開,タウンズとは独立にメーザー,レーザー開発の理論的基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バソフ
ばそふ
Николай Геннадиевич Басов Nikolay Gennadievich Basov
(1922―2001)

ロシアの物理学者。初め医学を学ぶ。のちにモスクワ工科大学で物理学を学び1950年に卒業。レーベデフ物理学研究所の研究員を経て、1973年より1988年まで同研究所所長。この間1963年より母校の教授を兼ね、1966年よりソ連科学アカデミー会員。1988年以後もロシア科学アカデミーの指導的地位を占めていた。
 1954年プロホロフと共同でアンモニア・レーザーを発見し、1963年半導体レーザーを開発した。さらに研究分野は広く、高出力レーザー、超短パルスレーザー、化学レーザーの開発および応用など、量子エレクトロニクス全般を含み、そのいずれの分野においても多くの優れた後継者を育てている。これらの量子エレクトロニクスの研究により、1964年、プロホロフおよびアメリカのタウンズとともにノーベル物理学賞を受賞した。さらに米国核融合エネルギー協会(FPA:Fusion Power Associates)功労賞(1990)など数々の国際的賞を受けた。[佐藤 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バソフの関連キーワードチャールズ・ハード タウンズイヴァン ヴァーゾフマイクロ波分光学アプリケーションApacheSIPサーバ12月14日光の科学史ウェブUSB

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バソフの関連情報