コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バソフ

2件 の用語解説(バソフの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

バソフ

ソ連の物理学者モスクワ物理工学大学を卒業し,1948年レーベデフ研究所に入り,1973年副所長。プロホロフと協力して負の温度誘導放射等に関する量子理論を展開,タウンズとは独立にメーザーレーザー開発の理論的基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バソフ
ばそふ
Николай Геннадиевич Басов Nikolay Gennadievich Basov
(1922―2001)

ロシアの物理学者。初め医学を学ぶ。のちにモスクワ工科大学で物理学を学び1950年に卒業。レーベデフ物理学研究所の研究員を経て、1973年より1988年まで同研究所所長。この間1963年より母校の教授を兼ね、1966年よりソ連科学アカデミー会員。1988年以後もロシア科学アカデミーの指導的地位を占めていた。
 1954年プロホロフと共同でアンモニア・レーザーを発見し、1963年半導体レーザーを開発した。さらに研究分野は広く、高出力レーザー、超短パルスレーザー、化学レーザーの開発および応用など、量子エレクトロニクス全般を含み、そのいずれの分野においても多くの優れた後継者を育てている。これらの量子エレクトロニクスの研究により、1964年、プロホロフおよびアメリカのタウンズとともにノーベル物理学賞を受賞した。さらに米国核融合エネルギー協会(FPA:Fusion Power Associates)功労賞(1990)など数々の国際的賞を受けた。[佐藤 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バソフの関連キーワード応用物理学カピッツァサハロフタウンズタムチェレンコフヘルムホルツランダウ東京理科大学ジュコーフスキー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バソフの関連情報