コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バダフシャーン Badakhshān

2件 の用語解説(バダフシャーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バダフシャーン【Badakhshān】

アフガニスタン北東部の地域名。北はタジキスタン共和国と接し,アム・ダリヤ上流のパンジャPanja川とコクチャKokcha川の間に位置する山岳地帯で,主都はコクチャ河畔にあるファイザーバードFaydhābād。バダフシャーンの名は地域特産のルビーの名に由来すると考えられるが,文献上では7~8世紀の漢字音訳の〈弗敵沙〉を初見とする。歴史上のこの地域は,中央アジアの諸国家の支配下にあってもパミール西端の交易路を制し,山岳地勢を利用した地方政権の存続が特徴的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バダフシャーン
ばだふしゃーん
Badakhshn

アフガニスタン北東隅の州。面積4万7403平方キロメートル、人口約96万5100(2001推計)。州都はファイザバード。住民はタジク人ウズベク人が主で、数千のパミール人もいる。山岳に囲まれ交通は不便で気候の厳しい地である。シーワ湖(標高3070メートル)付近は遊牧民の夏営地。産業は農業と牧畜で、半宝石ラピスラズリを産する。13世紀のマルコ・ポーロの記録に「バラシャン」と記され、健康地で名馬の産地とある。[勝藤 猛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バダフシャーンの関連キーワードトハラヘラートムルタンアフガンアフガンハウンドパミールアフガン侵攻ワハン回廊アフガニスタン戦争部族地域

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バダフシャーンの関連情報