コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナジウム添加耐熱鋳鉄

日本の自動車技術240選の解説

バナジウム添加耐熱鋳鉄

鋳鉄に適量のバナジウムを添加することにより、高温強度および熱疲労寿命に優れた特性を有する。ニレジスト鋳鉄からの代替により、エキゾーストマニホールドのコスト低減を実現した。製作(製造)年2002
製作者(社)スズキ株式会社
搭載車名エブリイ(ターボ仕様)、他
設計者アイシン高丘株式会社
構造・方式・手段・方法等鋳鉄に適量のバナジウムを添加することにより、高温強度および熱疲労寿命に優れた特性を有すると同時に、コストの低減も実現した。
機能・作用等高温強度・年疲労寿命・切削性の改善
効果従来の鋳鉄を用いたエキゾーストマニホールドに比べて1.8倍以上の耐久性を有する。高価なニレジスト鋳鉄からの代替を実現し、製品コストを55%以上低減した。
エピソード・話題性財団法人新技術開発財団の「市村産業賞貢献賞」を受賞第55回自動車技術会賞技術開発賞を受賞第21回素形材産業技術賞素形材センター会長賞を受賞
特徴開発した「バナジウム鋳鉄」は、適量のバナジウム添加をとする合金設計によって高温特性改善を図ったもので、高温強度、熱疲労寿命に優れており、従来の鋳鉄では不可能であった高温域でも使用を可能とし、同時にコストの低減を実現した。「バナジウム鋳鉄」は、ターボエンジンの排気マニホールドなど高温になる部品に適している。
参考文献■鈴木延明ほか:高けい素球状黒鉛鋳鉄の高温特性に及ぼすモリブデン及びバナジウムの影響, 鋳造工学, Vol.76, No.10, p815~822 (2004)■鈴木延明ほか: エキゾーストマニホールド用バナジウム添加耐熱鋳鉄の開発, 自動車技術, vol.57, No.9, p108~112 (2003)

出典|社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android