コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナジン酸塩鉱物 バナジンさんえんこうぶつvanadate mineral

世界大百科事典 第2版の解説

バナジンさんえんこうぶつ【バナジン酸塩鉱物 vanadate mineral】

バナジン酸V2O5nH2Oの塩としての基本化学組成をもつ鉱物の総称。リン酸塩鉱物,ヒ酸塩鉱物とは近縁で,結晶構造中のバナジウム原子の一部を置き換えて,リン,ヒ素が入ることもある。黄,橙,黄緑,褐色など,鮮やかな色を呈するものが多い。代表種は褐鉛鉱Pb5(VO4)3Clなどである。バナジウムおよびウランの資源として重視されるものには,カルノー石K2(UO2)2(VO4)2・3H2Oやツヤムン石tyuyamunite Ca(UO2)2(VO4)2・5~8H2Oなどがあり,アメリカのコロラド高原の砂岩型ウラン鉱床では主要な鉱物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バナジン酸塩鉱物の関連キーワードデスティネツ石デクロワゾー石ボルボース石リン酸塩鉱物マンガン鉱物バナジウム放射能鉱物コーク石褐鉛鉱

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android