コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナート バナート Banat

2件 の用語解説(バナートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バナート
バナート
Banat

ドナウ川,ティサ川ムレシュ川南カルパート山脈に囲まれた地域。中世にはハンガリー王国領,16世紀にはオスマン帝国領。 1716~78年にハンガリーを支配したハプスブルク家がこの地域を対オスマン辺境防衛軍管区として組織した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バナート
ばなーと
Banat

かつてハンガリー南部に位置した多民族居住地域。ティサ川の東、ムレシュ川の南、ドナウ川の北、トランシルバニアアルプスの西に位置する。ハンガリー人セルビア人ルーマニア人などが居住していたが、16世紀にオスマン・トルコ領、18世紀にオーストリア領、のちハンガリー領になった。第一次世界大戦後、東の3分の2弱をルーマニアが、残りを旧ユーゴスラビアが支配した。第二次世界大戦中、ユーゴスラビアの支配部分をドイツが占領下に置いたが、戦後ユーゴスラビア領に復し、ボイボディナ自治州となった。その後、ユーゴスラビア解体(1991)に伴い、セルビアモンテネグロで構成される新ユーゴスラビア(2003~06年は「セルビア・モンテネグロ」)に、06年以降はセルビアに属している。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバナートの言及

【バナト】より

…歴史的には北はムレシュ川,西はティサ川,南はドナウ川,東は西カルパチ山脈に囲まれた方形の地域を指し,現在はその大部分がルーマニア,一部がユーゴスラビアに属している。ルーマニア語ではバナトゥルBanatul,セルビア語ではバナートBanat,ハンガリー語ではバーナートBánátまたはバーンシャーグBánság。この地名は南スラブ語のバンban(〈主人〉〈支配者〉の意)に由来し,バンの支配領域を指していた。…

※「バナート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バナートの関連キーワードドナウ川ブカレストドナウタワー南カルパチア山脈ドナウベンドティサ[川]バナトトゥルグ・ムレシュマラムレシュムレシュ[川]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone