バプテスト派(読み)バプテストは(英語表記)Baptists

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バプテスト派」の解説

バプテスト派
バプテストは
Baptists

17世紀初頭イギリスの清教徒内部から興ったプロテスタントの一教派。その起源カルバン主義に立つものと,アルミニウス主義に立つものとの2派があり,別々に宣教していたが,ニュージーランド,アメリカなどの各地で連合体を組織し,現在では長老派,組合派と並ぶプロテスタント三大教派の一つとなっている。アメリカでは,南部バプテストとアメリカン・バプテストの二大連合体があって,アメリカ最大の教派をなしている。ヨーロッパでは 1834年にオンケンによってドイツにバプテスト教会が創設され,北ヨーロッパ,オランダ,とりわけロシアに広まっていった。この派の特徴は,(1) 信仰個条をもたず聖書のみを信仰の規準とし,(2) 洗礼浸礼,すなわち全身を水に浸すものとし,幼児洗礼を認めず,(3) 自覚的信仰告白者のみを教会員とし,(4) 教職を認めず万人祭司主義に立ち,(5) 各個教会の自主独立を認め,(6) 国家と教会の分離を主張していることなどである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android