バムとその文化的景観(読み)バムとそのぶんかてきけいかん

世界遺産詳解の解説

バムとそのぶんかてきけいかん【バムとその文化的景観】

2004年に登録、2007年に登録内容が変更されたイランの世界遺産(文化遺産)。イラン高原南端の砂漠が続く乾燥地帯にありながら、カナートと呼ばれる地下井戸網が整備され、東西貿易を支えたオアシス都市。バムには16~18世紀に完成した粘土と日干しレンガで造られた巨大なバム要塞(アルゲ・バム)があり、構成資産にはその他に、7~17世紀に建設されたセイド廟、アシリ廟などがある。交易で発展したが、異民族の侵入によって18世紀に放棄されて廃墟となった。2003年にマグニチュード6.5のイラン南東部地震が発生し、死者約4万人を出してアルゲ・バムも80%以上が崩壊。このため世界遺産に登録されると同時に、危機遺産リストにも記載された。しかしその後の修復作業により遺跡が復元され、保全の態勢も評価され、2013年に危機遺産リストから除外された。◇英名はBam and its Cultural Landscape

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android