コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルクハウゼン効果 バルクハウゼンこうか Barkhausen effect

3件 の用語解説(バルクハウゼン効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルクハウゼン効果
バルクハウゼンこうか
Barkhausen effect

強磁性体を磁化するとき,磁壁が不連続的に移動しながら磁化が行われる。そのため,変圧器やチョークコイルなどで雑音電圧が発生する現象。 1919年 G.バルクハウゼンにより発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

バルクハウゼン効果【Barkhausen effect】

強磁性体に磁場を作用させると,磁場強度が大きくなるにつれて不連続な音響を発する現象.強磁性体中で磁壁が結晶内部の不純物や欠陥と相互作用しながら移動するために,磁化に不連続が生じるのが原因である.変圧器やチョークコイルなどでみられる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

バルクハウゼンこうか【バルクハウゼン効果】

強磁性体を磁化する時、磁壁の不連続な移動によって磁化が変化するため、まわりに巻いたコイルに雑音が生じる現象。強磁性体に磁区が存在することの最初の実験的証明で、1919年に発見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルクハウゼン効果の関連キーワード磁性体強磁性強磁性体反強磁性体フェリ磁性非磁性体有機強磁性体ハイゼンベルクの強磁性の理論ユーイングの強磁性の理論強磁性相

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone