コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルクハウゼン効果 バルクハウゼンこうかBarkhausen effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルクハウゼン効果
バルクハウゼンこうか
Barkhausen effect

強磁性体を磁化するとき,磁壁が不連続的に移動しながら磁化が行われる。そのため,変圧器やチョークコイルなどで雑音電圧が発生する現象。 1919年 G.バルクハウゼンにより発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

バルクハウゼン効果【Barkhausen effect】

強磁性体に磁場を作用させると,磁場強度が大きくなるにつれて不連続な音響を発する現象.強磁性体中で磁壁が結晶内部の不純物や欠陥と相互作用しながら移動するために,磁化に不連続が生じるのが原因である.変圧器やチョークコイルなどでみられる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

バルクハウゼンこうか【バルクハウゼン効果】

強磁性体を磁化する時、磁壁の不連続な移動によって磁化が変化するため、まわりに巻いたコイルに雑音が生じる現象。強磁性体に磁区が存在することの最初の実験的証明で、1919年に発見。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android