コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルディビア文化 バルディビアぶんか

1件 の用語解説(バルディビア文化の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バルディビアぶんか【バルディビア文化】

エクアドルのグアヤキル港の西約90km,太平洋岸にある貝塚遺跡バルディビアValdiviaを標準遺跡とする文化。アメリカ大陸で最古の土器文化(前3000年ころ)であるとされる。貝塚の大きさはおよそ150m×160mで,1957年に発掘され,住居,炉,墓が確認された。生業は大量の魚貝類など海産物の採集を主とし,貝製の釣針,その製作のための石鋸,石錐などの加工具,網漁に使われる石錘がある。鹿猟も行われたが,槍先用の石器が発見されないことから,槍先には木など残りにくい材料が使われたのか,あるいはわな猟であったことをうかがわせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のバルディビア文化の言及

【アメリカ・インディアン】より

…G.ウィレーは,中央アメリカ,コロンビア,エクアドルを中間地域として,カリブ海地域とは区別する。中間地域は前3000年ころバルディビア文化のように土器をもち原初的栽培を行っていて,文化的先進性を示すが,トウモロコシやマニオク農耕の普及後は,メソアメリカやアンデスのような文明社会の発展はない。しかしながら,パナマのコクレやチリキ,コロンビアのサン・アグスティン,キンバヤ,エクアドルのグアンガラ,トリタ,ミラグロなど,土器,金細工,石製品に独特の洗練をみせる地方的文化を形成した。…

※「バルディビア文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バルディビア文化の関連キーワードアドルノエクアドルグアナコグアヤキルフォルクローレグアドループハウジングアドバイザーリクルーティングアドカンガグアアヴェニダ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone