コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石鋸 いしのこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石鋸
いしのこ

鋸歯状のを呈した扁平な打製石器棒状のものに数個差込んで使った。目的は判然としないが,穀物を刈るためあるいは刺突する漁具として使ったという説がある。分布はヨーロッパ,アジアの各地,朝鮮半島から九州の北・西部にかけてみられる。朝鮮半島では櫛目文土器と伴出し,日本へ将来されたものという考えが強い。日本では縄文時代後期から晩期にかけてつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしのこぎり【石鋸】

考古学の用語で,機能を類推して付けられたため,2種類のまったく異なった石器に対して用いられる。ひとつは,半月形ないしは長方形の平面形をなし,一辺が薄く磨かれ刃部を形成している磨製石器。〈擦切石斧〉などを作る時に用いた擦切具とされているが,さだかでない。縄文時代前・中期の東北地方を中心に出土する。いまひとつは,九州北部,朝鮮半島,沿海州の海岸部におもに分布する,一側辺に鋸歯状の刃をもつ小型の打製石器。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

石鋸の関連キーワードバルディビア文化御経塚遺跡千種遺跡新穂遺跡考古学玉砥石

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android