コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石鋸 いしのこ

2件 の用語解説(石鋸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石鋸
いしのこ

鋸歯状の刃を呈した扁平な打製石器。棒状のものに数個差込んで使った。目的は判然としないが,穀物を刈るためあるいは刺突する漁具として使ったという説がある。分布はヨーロッパアジアの各地,朝鮮半島から九州の北・西部にかけてみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いしのこぎり【石鋸】

考古学の用語で,機能を類推して付けられたため,2種類のまったく異なった石器に対して用いられる。ひとつは,半月形ないしは長方形の平面形をなし,一辺が薄く磨かれ刃部を形成している磨製石器。〈擦切石斧〉などを作る時に用いた擦切具とされているが,さだかでない。縄文時代前・中期の東北地方を中心に出土する。いまひとつは,九州北部,朝鮮半島,沿海州の海岸部におもに分布する,一側辺に鋸歯状の刃をもつ小型の打製石器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石鋸の関連キーワード先史学打って付け立て付け・立付け建て付け・建付け建て付ける・立て付ける・建付ける・立付ける近現代考古学グラフィティ先史考古学外れ値ボーンキッカーズ 考古学調査班

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone