コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルラン バルラン Varlin, Eugène

2件 の用語解説(バルランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルラン
バルラン
Varlin, Eugène

[生]1839. パリ近郊クレイスリイ
[没]1871.5.28. パリ
フランス第二帝政期の革命家。 1864年第1インターナショナル創立に際して,フランス支部の事務長をつとめ,ジュネーブ会議ではインターナショナルの規約草案作成に参加した。 71年2月国民議会議員,国民衛兵中央委員となり,3月 18日のパリ・コミューン蜂起後は国民議会の中央委員をつとめ,「血の1週間」のレジスタンスを組織したが,5月 28日銃殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バルラン【Eugène Varlin】

1839‐71
フランスの労働運動の指導者。小農の子として生まれ,パリに出て製本工となる。1862年のロンドン万国博覧会にフランス労働者代表団の一員として参加した。65年第一インターナショナル・パリ支部結成時に加入し,労働組合,消費協同組合,協同食堂などを組織した。68年第2次パリ支部結成に際してH.L.トランらにかわって指導的地位につき,69年フランス全土に広がったストライキを積極的に支援した。70年リヨンル・クルーゾリールなどでインターナショナルの組織化に努め,パリ支部連合を結成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バルランの関連キーワードゴンパーズジュオートランヒルマンサイヤンレチン辻井民之助グリフュールデブスペルーティエ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バルランの関連情報