コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製本工 せいほんこう

世界大百科事典 第2版の解説

せいほんこう【製本工】

手写した紙葉または印刷された刷本(すりほん)を,散逸を防ぎ繙読(はんどく)の便をはかるために一本にまとめる仕事を専門とする人。製本書物の成立とともに始まる古い歴史をもっている。
[ヨーロッパ]
 書物が主として修道院写本工房で手写されていた時代には,装本も修道院内部において,修道士により行われるのが通例であった。しかし,12世紀ごろより,いわゆる〈世俗化の時代〉に入り,写本の生産が修道院から世俗の写字生の手に移るに従って,専門職としての装丁師(製本工)が出現する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

製本工の関連キーワード刷り本・刷本・摺り本ヤン チヒョルトハチャトゥリヤンハチャトゥリアンフェーソー運動折り本・折本栃折 久美子作田 高太郎ルリュールくるみ製本ナカバヤシ栃折久美子バルラン神保町糊入れ小石川時間給乱丁落丁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android