コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレッティ バレッティBaretti, Giuseppe Marc' Antonio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレッティ
Baretti, Giuseppe Marc' Antonio

[生]1719.4.24. トリノ
[没]1789.5.5. ロンドン
イタリアの批評家。ミラノベネチアで教育を受け,1751年ロンドンに渡って,S.ジョンソンと親交を結んだ。 60年に帰国し,旅行記『親しい者たちへの手紙』 Lettere familiari (1762~63) を著わした。雑誌『文学の鞭』 Frusta letteraria (63~65) を発刊して,同時代の作家たちをきびしく批判したが,66年再びロンドンに渡り,イタリア文学の普及に努めた。主著『イタリアの書物』 The Italian Library (57) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

バレッティ【Giuseppe Baretti】

1719~1789) イタリアの詩人・批評家。美辞麗句を排し高踏派を批判、一八世紀後半の文芸思潮の革新に多大な貢献をなした。移住先ロンドンで編纂した「英伊辞典」が有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

バレッティの関連キーワードウィーン磁器漂流町奉行チェコの要覧日本の国家公務員制度と天下り佐藤直方山上ヶ岳・山上ヶ嶽塩見政誠リヒテンシュタイン家組踊

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バレッティの関連情報