コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレット潰瘍 ばれっとかいよう

1件 の用語解説(バレット潰瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ばれっとかいよう【バレット潰瘍】

 食道の粘膜(ねんまく)の表面は、扁平上皮(へんぺいじょうひ)という組織でおおわれています。
 ところが、食道粘膜の一部が、円柱上皮(えんちゅうじょうひ)という他の組織でおおわれていることがあります。これをバレット食道といい、胃に近い食道の下部で見つかりやすいものです。
 バレット食道には潰瘍ができやすく、ここに発生した潰瘍をバレット潰瘍と呼ぶことがあります。さらに食道がんが発生しやすいので定期的な内視鏡検査が必要です。
 治療は、食道炎と同じように行ないます(「食道炎」)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

バレット潰瘍の関連キーワード漿膜食道潰瘍粘膜皮膚粘膜眼症候群腸粘膜粘膜内癌じゅう(絨)毛扁平上皮細胞扁平上皮癌 (squamous cell carcinoma)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone