コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレット潰瘍 ばれっとかいよう

1件 の用語解説(バレット潰瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ばれっとかいよう【バレット潰瘍】

 食道の粘膜(ねんまく)の表面は、扁平上皮(へんぺいじょうひ)という組織でおおわれています。
 ところが、食道粘膜の一部が、円柱上皮(えんちゅうじょうひ)という他の組織でおおわれていることがあります。これをバレット食道といい、胃に近い食道の下部で見つかりやすいものです。
 バレット食道には潰瘍ができやすく、ここに発生した潰瘍をバレット潰瘍と呼ぶことがあります。さらに食道がんが発生しやすいので定期的な内視鏡検査が必要です。
 治療は、食道炎と同じように行ないます(「食道炎」)。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone