コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バロア家 バロアけValois

翻訳|Valois

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バロア家
バロアけ
Valois

1328~1589年フランスを統治した王家。 1328年国王シャルル4世の死によって直系カペー家が断絶したとき,三部会の決議によって故王の従弟にあたるバロア伯フィリップがフィリップ6世 (在位 1328~50) として即位しバロア朝を開いた。以来ジャン2世 (在位 50~64) ,シャルル5世 (在位 64~80) ,シャルル6世 (在位 80~1422) ,シャルル7世 (在位 22~61) ,ルイ 11世 (在位 61~83) ,シャルル8世 (在位 83~98) までが本来のバロア家で,のちルイ 11世,シャルル8世を除いて百年戦争の渦中におかれたが,シャルル5世,シャルル7世,ルイ 11世の時代に集権化は大いに進展した。続くバロア・ドルレアン家のルイ 12世 (在位 98~1515) ,バロア・ダングレーム家のフランソア1世 (在位 15~47) ,アンリ2世 (在位 47~59) ,フランソア2世 (在位 59~60) ,シャルル9世 (在位 60~74) ,アンリ3世 (在位 74~89) の時代はフランス・ルネサンスの開花期であるとともに,宗教改革の時代であり,のちシャルル9世,アンリ3世はユグノー戦争に巻込まれた。アンリ3世の死によって断絶,アンリ4世に始るブルボン家に引継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バロア家の関連キーワードフィリップ(2世)(ブルゴーニュ公)シャルル(ブルゴーニュ公)フィリップ[2世]フィリップ(1世)アルマニャック派シャルル(6世)ブルゴーニュ楽派ブルゴーニュ公国マドリード条約オルレアン家イタリア戦争アラスの和約コニャックイタリア史アンジューディジョンルイ11世バンセンヌデシャンボーヌ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android