コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バロニア バロニアValonia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バロニア
Valonia

緑藻類ミドリゲ目バロニア科の海藻。潮間帯の岩の裾などに着生している。藻体は短円筒形。多数の枝を出して,下は横に伸び,上は立上がり,高さ 5cmほどになる。全藻細胞が連絡している多核体で,南海に分布する。タマゴバロニア V. macrophysaは本州中部の太平洋岸 (下田) などにみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バロニア【Valonia】

暖海域の低潮線下の岩上に生育する,ブドウの果実を思わせる形状のバロニア科の緑藻の1属。球状の部分が1個の細胞で,細胞壁の内側に沿って原形質があり,ここに多数の核と網目状の葉緑体がある。細胞の内部には細胞液が充満する。代表的な種類にタマゴバロニアV.macrophysa Kütz.(イラスト),タマバロニアV.aegagropila (Roth) Ag.,オオバロニアV.ventricosa J.Ag.がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のバロニアの言及

【マガタマモ(勾玉藻)】より

…和名は体が少し屈曲して勾玉に似ることに由来する。似た緑藻のバロニアとは体の基部に環状のくびれをもつことで区別できる。ピンセットや針で突くなど,外部からの簡単な刺激により体内に小球状の原形質塊を多数つくり,これらは体外で容易に発生して親植物になる性質がある。…

※「バロニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バロニアの関連キーワードキッコウグサ(亀甲草)マガタマモ(勾玉藻)バルモラル城グレンベー城オオバロニアマンチーニ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android