コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バロニア バロニア Valonia

2件 の用語解説(バロニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バロニア
バロニア
Valonia

緑藻類ミドリゲ目バロニア科の海藻。潮間帯の岩の裾などに着生している。藻体は短円筒形。多数の枝を出して,下は横に伸び,上は立上がり,高さ 5cmほどになる。全藻細胞が連絡している多核体で,南海に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バロニア【Valonia】

暖海域の低潮線下の岩上に生育する,ブドウの果実を思わせる形状のバロニア科の緑藻の1属。球状の部分が1個の細胞で,細胞壁の内側に沿って原形質があり,ここに多数の核と網目状の葉緑体がある。細胞の内部には細胞液が充満する。代表的な種類にタマゴバロニアV.macrophysa Kütz.(イラスト),タマバロニアV.aegagropila (Roth) Ag.,オオバロニアV.ventricosa J.Ag.がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のバロニアの言及

【マガタマモ(勾玉藻)】より

…和名は体が少し屈曲して勾玉に似ることに由来する。似た緑藻のバロニアとは体の基部に環状のくびれをもつことで区別できる。ピンセットや針で突くなど,外部からの簡単な刺激により体内に小球状の原形質塊を多数つくり,これらは体外で容易に発生して親植物になる性質がある。…

※「バロニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バロニアの関連キーワードウルシグサ(漆草)ソゾダルスチガイソ低潮線マクリ(海人草)ミル(海松)白藻フサノリ(房海苔)ベニモズク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone