コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンクロフト糸状虫症 バンクロフトしじょうちゅうしょうbancroftian filariasis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンクロフト糸状虫症
バンクロフトしじょうちゅうしょう
bancroftian filariasis

フィラリア症ともいう。バンクロフト糸状虫の感染によって起る疾患。初期症状は,陰嚢,上肢,下肢の有痛性の腫脹で,精索炎,副睾丸炎,睾丸炎,陰嚢水腫などがみられる。慢性に経過すると,リンパのうっ滞により乳び尿象皮病などが起る。治療には,ジエチルカルバマジンヒ素剤が用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バンクロフト糸状虫症の関連キーワード届出伝染病

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android