コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンクロフト糸状虫 バンクロフトしじょうちゅうWuchereria bancrofti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンクロフト糸状虫
バンクロフトしじょうちゅう
Wuchereria bancrofti

糸状虫類の一種で,広く熱帯,亜熱帯の海岸地帯に分布し,日本では沖縄や九州南部にみられる。イギリスの医師 J.バンクロフト (1836~94) が記載した。雌虫は7~10cm,雄虫は2~5cm。雌虫は卵胎生で,その子宮内に薄い卵膜で包まれた幼虫が入っていて,生れるとき,この卵膜が幼虫の体形に伸びて鞘になる。この被鞘幼虫をミクロフィラリアと呼ぶ。リンパ流を経て血流中に入ったミクロフィラリアは,中間宿主であるカに吸血されたときカの体内に侵入し,発育脱皮を繰返して成熟幼虫となる。この感染幼虫を保有するカがヒトを刺すと人体に入り,リンパ管で発育して成虫となり,リンパ管およびリンパ節内に寄生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バンクロフト‐しじょうちゅう〔‐シジヤウチユウ〕【バンクロフト糸状虫】

糸状虫の一種。体は糸状で、体長は雄が2~5センチ、雌が7~10センチ。人間のリンパ管に寄生し、象皮病陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)の原因となる。幼虫はミクロフィラリアとよばれ、夜間に末梢血液中に現れる習性をもち、中間宿主のアカイエカなどに刺されたときに感染する。名は英国の内科医バンクロフト(Joseph Bancroft)にちなむ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バンクロフトシジョウチュウ【バンクロフト糸状虫 Wuchereria bancrofti】

線形動物双腺綱糸状虫科Filariidaeの人体寄生虫。フィラリアの一種。成虫は乳白色,糸状で,ヒトの主としてリンパ管やリンパ節内に寄生する。雄虫は体長約40mm,体幅0.1mm,尾端はコイル状に巻いている。雌虫は体長65~100mm,体幅0.3mmで,その子宮内には薄い卵膜に包まれた子虫が充満しており,これらが被鞘幼虫(ミクロフィラリアmicrofilaria,体長0.3mm)として産出される。このミクロフィラリアはリンパ流を経て血流に現れるが,この現れ方は,周期的で,夜間,末梢血管中に出現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

バンクロフトしじょうちゅう【バンクロフト糸状虫】

線虫綱の寄生虫。幼虫は体長約0.3ミリメートルで、中間宿主はアカイエカなどのカ。成虫は雄2~5センチメートル、雌7~10センチメートルとなり、ヒトのリンパ管に寄生する。象皮症などフィラリア症の原因。発見者バンクロフト(J.Bancroft1836~1894)にちなむ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンクロフト糸状虫
ばんくろふとしじょうちゅう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバンクロフト糸状虫の言及

【フィラリア】より

…成虫は糸状細長で,各種脊椎動物のリンパ管(および節),血管,皮下組織,眼窩(がんか)などに寄生し,胎生で被鞘幼虫(ミクロフィラリアmicrofilaria)を産出し,吸血昆虫によって伝播される。 人体寄生種のおもなものには,バンクロフトシジョウチュウ,マレーシジョウチュウBrugia malayiオンコセルカ,ロアシジョウチュウLoa loaなどがある。このうち前2者はリンパ系に寄生し,象皮病の原因となる。…

※「バンクロフト糸状虫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バンクロフト糸状虫の関連キーワード糸状虫症(フィラリア症)バンクロフト糸状虫症リンパ系フィラリアフィラリア症届出伝染病マンソン糸状虫類イエカ赤家蚊

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バンクロフト糸状虫の関連情報