コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンクロフト糸状虫 バンクロフトしじょうちゅうWuchereria bancrofti

5件 の用語解説(バンクロフト糸状虫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンクロフト糸状虫
バンクロフトしじょうちゅう
Wuchereria bancrofti

糸状虫類の一種で,広く熱帯,亜熱帯の海岸地帯に分布し,日本では沖縄や九州南部にみられる。イギリスの医師 J.バンクロフト (1836~94) が記載した。雌虫は7~10cm,雄虫は2~5cm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バンクロフト‐しじょうちゅう〔‐シジヤウチユウ〕【バンクロフト糸状虫】

糸状虫の一種。体は糸状で、体長は雄が2~5センチ、雌が7~10センチ。人間のリンパ管に寄生し、象皮病陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)の原因となる。幼虫はミクロフィラリアとよばれ、夜間に末梢血液中に現れる習性をもち、中間宿主アカイエカなどに刺されたときに感染する。名は英国の内科医バンクロフト(Joseph Bancroft)にちなむ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バンクロフトシジョウチュウ【バンクロフト糸状虫 Wuchereria bancrofti】

線形動物双腺綱糸状虫科Filariidaeの人体寄生虫フィラリアの一種。成虫は乳白色,糸状で,ヒトの主としてリンパ管やリンパ節内に寄生する。雄虫は体長約40mm,体幅0.1mm,尾端はコイル状に巻いている。雌虫は体長65~100mm,体幅0.3mmで,その子宮内には薄い卵膜に包まれた子虫が充満しており,これらが被鞘幼虫(ミクロフィラリアmicrofilaria,体長0.3mm)として産出される。このミクロフィラリアはリンパ流を経て血流に現れるが,この現れ方は,周期的で,夜間,末梢血管中に出現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

バンクロフトしじょうちゅう【バンクロフト糸状虫】

線虫綱の寄生虫。幼虫は体長約0.3ミリメートルで、中間宿主はアカイエカなどのカ。成虫は雄2~5センチメートル、雌7~10センチメートルとなり、ヒトのリンパ管に寄生する。象皮症などフィラリア症の原因。発見者バンクロフト(J.Bancroft1836~1894)にちなむ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンクロフト糸状虫
ばんくろふとしじょうちゅう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバンクロフト糸状虫の言及

【フィラリア】より

…成虫は糸状細長で,各種脊椎動物のリンパ管(および節),血管,皮下組織,眼窩(がんか)などに寄生し,胎生で被鞘幼虫(ミクロフィラリアmicrofilaria)を産出し,吸血昆虫によって伝播される。 人体寄生種のおもなものには,バンクロフトシジョウチュウ,マレーシジョウチュウBrugia malayiオンコセルカ,ロアシジョウチュウLoa loaなどがある。このうち前2者はリンパ系に寄生し,象皮病の原因となる。…

※「バンクロフト糸状虫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンクロフト糸状虫の関連情報