コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンシュ Binche

世界大百科事典 第2版の解説

バンシュ【Binche】

ベルギー南部,エノー州の都市。人口9700(1978)。ブリュッセルの南約50kmに位置し,フランスとの国境に近い。織物製造が行われる。12世紀にエノー伯が,それまでの小集落に築城して伯領の主要都市として以降,17世紀まで軍事的機能を発揮した。現在は中世の市壁がよく保存され,古い建築の多い歴史的都市。中世以来の伝統をもつカーニバルは,巨大な羽根飾りを頭にのせた独特のいでたちの,ジルGillesと呼ばれる踊り手の群舞で有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

バンシュの関連キーワードサンサバンシュルガルタンプ修道院付属教会ロマンティッシェ・シュトラーセサンサバンシュルガルタンプ教会子どもを紫外線から守る日ホーエンシュバンガウ城仮面ライダースナイプルートウィヒ[2世]ヘレンキームゼー城ジルのカーニバルスターソルジャースターフォースヘクター'87ジュアンドーフュッセンサンサバンブリーブボー州

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android