バンセンヌ窯(読み)バンセンヌよう(英語表記)Vincennes porcelaine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンセンヌ窯
バンセンヌよう
Vincennes porcelaine

1738年,フランスのパリ近郊バンセンヌ城内に陶工 R.デュボア,G.デュボア兄弟と王室財務官のオリー・ド・フルビが設立した軟質磁器工場。のちにこの工場の主体は,56年にセーブルに新設された王立磁器窯に移されたが,工場そのものは 59年まで続いて閉窯。製品は食器や小花器が大部分であったが,50年代の作品は非常に水準の高い絵付けで知られる。初期のマイセン磁器風柿右衛門様式や花文の絵付けから脱皮して,いわゆるセーブル磁器の先駆となる金彩と青,緑,紅色の地色の発色で特色を発揮した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のバンセンヌ窯の言及

【セーブル磁器】より

…53年には王立磁器製作所となり,製品には交差したLの窯印を用いた。 ルイ15世の愛妾で愛陶家のポンパドゥール夫人は53年,このバンセンヌ窯をベルサイユの彼女の邸館に近いセーブルに移転させることを提案し,その名称も〈フランス王立セーブル磁器製作所〉と改めさせた。56年の移転から69年にかけてセーブル窯はエロー,彫刻家のファルコネ,画家のブーシェら当代の著名な化学者や画家を招き,フランスの誇るすぐれた磁器を製作した。…

※「バンセンヌ窯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android