コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大薩摩節 オオザツマブシ

5件 の用語解説(大薩摩節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおざつま‐ぶし〔おほざつま‐〕【大×薩摩節】

江戸の古浄瑠璃の一。享保年間(1716~1738)に初世大薩摩主膳太夫(しゅぜんだゆう)が創始。勇壮豪快な曲調で、歌舞伎荒事(あらごと)の伴奏音楽として用いられた。文政年間(1818~1829)以後は長唄に吸収された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大薩摩節【おおざつまぶし】

江戸の浄瑠璃の一派。文献では大薩摩主膳太夫〔1695-1759〕が享保の初年ごろ創始したといわれる。豪壮な曲風で人気を呼んだが,江戸末期に衰え,長唄に吸収された。
→関連項目外記節筑摩川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおざつまぶし【大薩摩節】

江戸浄瑠璃の一流派。江戸時代の初め,京都から江戸に下った浄瑠璃語り薩摩浄雲の流れをくむ硬派の浄瑠璃。文献では薩摩外記大掾藤原直政の門弟薩摩文五郎大薩摩主膳太夫と改名して享保初年(1720年ころ)に創始したといわれる。享保~宝暦期(18世紀中ころ)に江戸歌舞伎の市川流荒事の伴奏音楽として全盛期をむかえたが,中期以後しだいに,長唄や豊後節系浄瑠璃に圧倒されて衰退,1826年(文政9),家元権が4世杵屋(きねや)三郎助(のち10世六左衛門)にあずけられ,さらに68年(明治1)にはその家元権が正式に3世杵屋勘五郎に譲与されて,長唄に吸収された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおざつまぶし【大薩摩節】

江戸浄瑠璃の一。享保年間(1716~1736)に大薩摩主膳太夫が語り出したもの。豪壮な曲風で、江戸の歌舞伎の荒事の音楽として行われたが、のち、廃絶。現在、長唄の中に吸収されて伝わる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大薩摩節
おおざつまぶし

江戸浄瑠璃(じょうるり)の種目名。最初に大薩摩を名のった人物については諸説あるが、一般には浄瑠璃語り薩摩浄雲の流れをくむ初世大薩摩主膳太夫(しゅぜんだゆう)(1695―1759)が、1716年(享保1)ごろ創始した流派といわれている。豪快な曲節を特色とし、江戸歌舞伎(かぶき)の市川流荒事(あらごと)の伴奏を勤め、2世および4世市川団十郎の荒事とともに、享保(きょうほう)~宝暦(ほうれき)(1716~64)ごろその全盛期を迎えた。とくに初世主膳太夫が2世市川団十郎の『矢の根』の伴奏を勤めて大好評を博したことは名高い。しかし、荒事がしだいに人気を失い、豊後節(ぶんごぶし)系浄瑠璃(常磐津節(ときわずぶし)、富本節(とみもとぶし)など)や長唄(ながうた)が盛んになると大薩摩節は衰退。加えて、その三味線は長唄の三味線方が勤めていた関係もあって、幕末には長唄に吸収され、1868年(明治1)正式にその家元権が長唄の3世杵屋勘五郎に譲渡された。それ以後、長唄に大薩摩節の旋律を積極的に取り入れた大薩摩物とよばれる曲が数多く作曲されるようになった。
 なお、歌舞伎の「時代だんまり」や、大寺院、深山幽谷の場面の幕開きに、浅黄幕の外に長唄の唄方と三味線方が現れて豪快な演奏を行うのを大薩摩とよんでいるが、これは大薩摩節の旋律を借用した長唄であって、浄瑠璃としての大薩摩節とは直接の関係はない。[植田隆之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大薩摩節の言及

【杵屋六左衛門】より

…また桐長桐(きりちようきり)座の脇狂言〈都踊〉を作曲したという。大薩摩節の三味線も弾いたといわれているが,病身のため弟に喜三郎の名前をゆずるとともに宗家の家督もゆずり,六左衛門と改名したというが確証はない。(3)9代(?‐1819(文政2)) 3世田中伝左衛門の次男。…

【長唄】より

…この時期の長唄唄方には坂田兵四郎,初世松島庄五郎,初世吉住小三郎,三味線方には7代目杵屋喜三郎,初世杵屋新右衛門,初世杵屋弥三郎,初世杵屋忠次郎,囃子方には宇野長七などがいる。明和期(1764‐72)になると,一中節の太夫から転向した初世富士田吉次(治)によって長唄に浄瑠璃の曲節を加えた唄浄瑠璃(例《吉原雀(よしわらすずめ)》《安宅松(あたかのまつ)》)が創始されたり,大薩摩節(おおざつまぶし)との掛合(《鞭桜宇佐幣(むちざくらうさのみてぐら)》)も開始されて,長唄に新機軸を生みだした。また,この時期には9代目市村羽左衛門など立役(男役)にも舞踊の名手が現れ,舞踊は女形の独占芸という慣行が打破された結果,男性的な曲も生まれた。…

【日本音楽】より

…また歌舞伎とともに発達した歌が,長唄である。長唄は,江戸時代後期には大薩摩節(おおざつまぶし)という浄瑠璃を併合したり,お座敷長唄という歌舞伎から離れた演奏会長唄ともいうべきものを生じたりして,芸域を拡張した。また,江戸時代初期に八橋検校という盲人が筑紫流箏曲をさらに近代化して箏曲として大成し,当道(とうどう)という盲人の組織にのせて普及した。…

※「大薩摩節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大薩摩節の関連キーワード享保徳川吉宗享保の改革ケンペル享保改革蕪村徳川家継天降言大薩摩節新田開発

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大薩摩節の関連情報