コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バン・カオ遺跡 バン・カオいせきBan Kao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バン・カオ遺跡
バン・カオいせき
Ban Kao

タイガーンチャナブリー県のクウェーノイ川(クワイ川)東岸にある先史時代遺跡。1961~62年にタイ=デンマーク隊が調査。調査はルウI,ルウII,バンの 3地点で行なわれたが,主となったのはバン地点で,新石器時代後期~鉄器時代の墓が多数見出された。新石器は 2期に分けられているが,葬制は 3期とも変化なく仰臥伸展葬(→伸展葬)で台付き壺,三足器,高坏などの縄蓆文土器のほか,新石器では磨製方角石斧(→方角石斧磨製石器),鉄器時代では鉄斧を副葬している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バン・カオ遺跡の関連キーワードタイ史

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android