コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バン・カオ遺跡 バン・カオいせきBan Kao

1件 の用語解説(バン・カオ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バン・カオ遺跡
バン・カオいせき
Ban Kao

タイガーンチャナブリー県のクウェーノイ川(クワイ川)東岸にある先史時代遺跡。1961~62年にタイ=デンマーク隊が調査。調査はルウI,ルウII,バンの 3地点で行なわれたが,主となったのはバン地点で,新石器時代後期~鉄器時代の墓が多数見出された。新石器は 2期に分けられているが,葬制は 3期とも変化なく仰臥伸展葬(→伸展葬)で台付き壺,三足器,高坏などの縄蓆文土器のほか,新石器では磨製方角石斧(→方角石斧磨製石器),鉄器時代では鉄斧を副葬している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone