伸展葬(読み)しんてんそう

百科事典マイペディアの解説

伸展葬【しんてんそう】

伸葬とも。両足を折り曲げずに埋葬すること。仰臥(ぎょうが),側臥,俯臥(ふが)に分けられる。世界各地で屈葬とともに最も古くから行われた葬法であるが,旧石器時代には屈葬例が多く,新石器時代を経て金属器文化の興隆とともに伸展葬が盛行するようになる。日本でも縄文(じょうもん)時代から見られたが,盛んになるのは弥生(やよい)時代以降。
→関連項目沙井遺跡縄文時代葬制藤ノ木古墳モヨロ貝塚雄基貝塚吉胡貝塚

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんてんそう【伸展葬】

埋葬(土葬あるいは地上葬)に際して死体の四肢を伸ばして横たえる置き方で,屈葬または座葬に対立する。死体はあおむき,あるいは膝を軽く曲げ横向きにするのが普通である。おそらくこれは睡眠時の休息の姿勢であり,ネアンデルタール人以来の化石人骨でもこの形で発掘されることが多いことから,人類史においてきわめて古い遺骸の安置法であり,また屈葬が卓越しているアフリカを除けば世界で最も一般的な方法でもある。現在この安置法を採る諸民族の葬法に関して興味深いのは,多くのところで遺体は一定の方向に向けられて埋葬されるということである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんてんそう【伸展葬】

死体を埋葬するとき、両足を伸ばした姿勢で葬る方法。伸葬。 ⇔ 屈葬

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伸展葬
しんてんそう

死者の背筋と両脚をまっすぐ伸ばした姿勢にして葬る葬法。伸葬ともいう。しかし、両腕は伸ばしたものだけでなく、軽く折り曲げて腹部に置いたもの、腕組みしたもの、合掌したものなど多様である。また、死霊を封じ込める意味合いの濃い屈葬と比べて、伸展葬は、死者を永遠の寝姿に安置するという考えに基づく傾向が強いといえよう。この葬法は屈葬よりも出現が遅れ、新石器時代になってからである。
 日本で最古の確実な伸展葬は、縄文前期中葉に各地で出現する。たとえば、大分県枌(へぎ)洞穴遺跡や埼玉県小谷場(こやば)貝塚などである。縄文後期中葉(加曽利(かそり)B式期)に南関東で伸展葬が屈葬より優勢となるが、これ以後、屈葬や蹲葬(そんそう)などと併存しながら近代に至る。[大塚和義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の伸展葬の言及

【墳墓】より

…日本考古学においては,墓と無関係であっても人が掘った穴を土壙(坑)(どこう)と呼び,そして墓穴以外の設備・構造が遺存していない墓,あるいはその痕跡をとどめていない墓を土壙墓(どこうぼ)と呼んでいる。土葬は,遺体をまっすぐ伸ばした形で葬る伸展葬(しんてんそう)と腕・脚を折り曲げた形の屈葬(くつそう)に大別でき,それぞれの姿勢の向きによって,仰向け(仰臥(ぎようが)),横向き(横臥(おうが)),うつ伏せ(俯臥(ふが))に区別できる。このうち仰臥伸展葬が最も一般的であるが,横臥屈葬も旧石器時代以来,世界各地の先史時代に行われた。…

※「伸展葬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android