コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バン・スライク Donald Dexter van Slyke

世界大百科事典 第2版の解説

バン・スライク【Donald Dexter van Slyke】

1883‐1971
アメリカの生化学者。ニューヨークに生まれる。1905年ミシガン大学を卒業後,07年以来,ロックフェラー医学研究所でタンパク質アミノ酸生理学的および化学的研究を進める。その間,11年ベルリン大学に留学し,14年ロックフェラー医学研究所病院の化学主任となる。イェールオハイオ,ノースウェスタン,シカゴなどの大学の学位を獲得した。51年ブルックヘブン国立研究所の医学部門の化学研究員となる。おもな業績は,タンパク質およびその誘導体の生理学および病理学の化学的役割を明らかにし,アミノ基の定量法であるバン・スライク法をはじめ,血液中の気体電解などの研究方法を確立したことである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バン・スライクの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門立木義浩[各個指定]芸能部門サンフランシスコ・ジャイアンツフィラデルフィア・フィリーズマズローアルマン条約ガルシン電気事業ユーイング(Sir James Alfred Ewing)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android