コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェール Sten De Geer

1件 の用語解説(イェールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イェール【Sten De Geer】

1886‐1933
スウェーデン地理学者。氷河研究で著名なGerard Jakob De Geerの息子。リヒトホーフェンの地表の科学としての地理学の立場に立って,地理学を地表現象の分布に関する科学と規定し,地域は地表の諸要素間の関係を組織的に総合して設定されると主張,精密な地誌的調査と計量分析をもとに多くの業績をあげ,環境論的傾向のあった1920年代のスウェーデン地理学に新風をまきおこした。10人を1点とするドットマップの作成を手始めに,スウェーデン全土の人口分布図を完成して,地形と土地利用,人口の関係を究明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イェールの関連キーワードナンバースクール岩石区谷崎潤一郎日活(株)晩年伊豆の踊子丹下左膳帝国大学スティーブンソン帝国大学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イェールの関連情報