コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェール Sten De Geer

世界大百科事典 第2版の解説

イェール【Sten De Geer】

1886‐1933
スウェーデンの地理学者。氷河研究で著名なGerard Jakob De Geerの息子。リヒトホーフェン地表の科学としての地理学の立場に立って,地理学を地表現象の分布に関する科学と規定し,地域は地表の諸要素間の関係を組織的に総合して設定されると主張,精密な地誌的調査と計量分析をもとに多くの業績をあげ,環境論的傾向のあった1920年代のスウェーデン地理学に新風をまきおこした。10人を1点とするドット・マップの作成を手始めに,スウェーデン全土の人口分布図を完成して,地形と土地利用,人口の関係を究明。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

イェールの関連キーワードデイビッド・アーネスト アプタージョージ・エヴァリン ハチンソンウィリアム・スロウン コフィンフランク シュレシンジャーフランクリン エジャートンコーマー ウッドワードロバート・A. ダールノーフォーク室内音楽祭ディック ブローワーガンサー シュラーコネティカット州グリーンブラットハンティントンアイビーリーグマンデルブローロストフツェフリチャードソンセッションズニューヘブンイェール大学

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イェールの関連情報