コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バヴィエ Bavier,Eduard

朝日日本歴史人物事典の解説

バヴィエ

没年:1926.6.3(1926.6.3)
生年:1843.3.29
幕末に来日したスイス商人。クール出身で,父はチューリヒで商社を営んだ。文久2(1862)年,アンベールを団長とするスイス使節団の随員として私費で日本に向かい,途中上海でアメリカのウォルシュ=ホール商会の求人に応じて一行より早く横浜に着き,その支店を開いた。慶応1(1865)年,独立し居留地76番にバヴィエ商会を設立,弟ふたりも参加し生糸の輸出で成功した。明治1(1868)年にはデンマーク総領事にもなった。26年チューリヒに帰り,同年レマン湖畔のデュリに城を購入している。山国育ちのスイス人が海外に出て産をなした一例といえる。<参考文献>中井晶夫『初期日本=スイス関係史』,C. Lardy《Les Relation entre le Japon et la Suisse》

(中井晶夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

バヴィエの関連キーワード五所平之助島津保次郎清水宏斎藤寅次郎溝口健二衣笠貞之助田坂具隆プドフキン山本嘉次郎伊藤大輔