コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バービー・ヤール Babii Yar

世界大百科事典 第2版の解説

バービー・ヤール【Babii Yar】

ウクライナの首都キエフ市の郊外にある谷。ナチス・ドイツは第2次世界大戦中の1941年9月19日にキエフ市に入城すると,ユダヤ人絶滅政策に着手し,同月29~30日にこの谷に集めたユダヤ人男女3万3771人に対してナチス親衛隊特殊部隊の手で銃殺を行った。また,2年余にわたるドイツ軍のキエフ占領中に,この谷に葬られたユダヤ人は10万をこえた。ドイツ占領下のソ連での絶滅政策の犠牲者となったユダヤ人は約300万と推定されているが,バービー・ヤールはそれを象徴する名称となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バービー・ヤールの関連キーワードエフトゥシェンコ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android