コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーリナー Emile Berliner

世界大百科事典 第2版の解説

バーリナー【Emile Berliner】

1851‐1929
アメリカ発明家,電気技術者。ハノーファーに生まれ,1870年プロイセンの圧制を逃れてアメリカに移住,ニューヨークワシントンに住み,職を転々としながら生涯を発明活動にささげた。77年接触抵抗型送話器(マイクロホン,1895特許),78年誘導コイル変圧器を発明,同年ベル社の機材監督官を務めた。87年には蓄音器(後の〈グラモフォン〉)を発明。このほか航空機用の軽量エンジンの発明(1908)もあり,息子のヘンリーHenry A. Berlinerは彼の指導でヘリコプターを設計(1919)している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバーリナーの言及

【レコード】より

…スズ箔の円筒は,その後蠟を塗った蠟管に改良された。一方,円筒形レコードに対して,円盤型のレコードを開発したのはバーリナーEmile Berliner(1851‐1929)で1887年のことである。その功績は,レコードを円盤とすることにより,スタンパーという金属製のレコード原盤を用いた大量生産を可能としたことであろう。…

※「バーリナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バーリナーの関連キーワード5月20日

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android