コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーリナー Emile Berliner

世界大百科事典 第2版の解説

バーリナー【Emile Berliner】

1851‐1929
アメリカの発明家,電気技術者。ハノーファーに生まれ,1870年プロイセンの圧制を逃れてアメリカに移住,ニューヨークワシントンに住み,職を転々としながら生涯を発明活動にささげた。77年接触抵抗型送話器(マイクロホン,1895特許),78年誘導コイル変圧器を発明,同年ベル社の機材監督官を務めた。87年には蓄音器(後の〈グラモフォン〉)を発明。このほか航空機用の軽量エンジンの発明(1908)もあり,息子のヘンリーHenry A. Berlinerは彼の指導でヘリコプターを設計(1919)している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のバーリナーの言及

【レコード】より

…スズ箔の円筒は,その後蠟を塗った蠟管に改良された。一方,円筒形レコードに対して,円盤型のレコードを開発したのはバーリナーEmile Berliner(1851‐1929)で1887年のことである。その功績は,レコードを円盤とすることにより,スタンパーという金属製のレコード原盤を用いた大量生産を可能としたことであろう。…

※「バーリナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バーリナーの関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone