コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイロープ パイロープ pyrope

翻訳|pyrope

2件 の用語解説(パイロープの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイロープ
パイロープ
pyrope

柘榴石固溶体の端成分。 Mg3Al2Si3O12立方晶系の鉱物。硬度 7.5,比重 3.535。桃赤色であるが,マグネシウムの一部が鉄に置換されると紫赤色になる。血赤色のものは宝石になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パイロープ【pyrope】

苦バン石ともいう。Mg3Al2Si3O12の化学成分で示されるザクロ石族の鉱物。立方晶系に属し,淡桃~赤紫色,純粋な場合は無色。モース硬度7.5,比重3.582,へき開はない。粒状の結晶として産出する。天然のものはMgの一部がFe(II)やCa,Alの一部がCrやFe(III)に置換されている。高圧でのみ安定であり,エクロジャイト相やグラニュライト相などの高圧でできた変成岩ザクロ石カンラン岩,キンバーライトダイヤモンドの包有物に出現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のパイロープの言及

【ガーネット】より

… ガーネットは単一宝石ではなく,各種のガーネット群によって形成されている。アルマンディンalmandine,パイロープpyrope,両者の中間的成分のロードライトrhodoliteの3種は赤色から帯紫赤色,暗赤色を示し,真実,友愛,忠実を象徴し,1月の誕生石に用いられる。スペサルティンspessartineは橙色系の色であるが,透明度の良いものが宝石用となる。…

※「パイロープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パイロープの関連キーワード陽起石ルチル讚岐岩ネフライトアクチノセン石(アクチノ閃石)アンチモン鉱物カミングトンセン石(カミングトン閃石)透セン石(透閃石)ランセン石(藍閃石)苦バン石

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone