パウル ティリヒ(英語表記)Paul Tillich

20世紀西洋人名事典の解説


1886.8.20 - 1965.10.22
米国のプロテスタント神学者,哲学者。
ハーバード大学教授
ドイツ出身。
別名Paul Johannes〉 パウル・ヨハネス〈Tillich ティリヒ。
ベルリン大学ハレ大学等で学び第一次大戦時従軍牧師を務める。ドレスデンフランクフルト大学等の教授を務め、宗教社会主義運動の指導者として活躍するが1933年ナチに追放され米国に渡り’40年帰化。ハーバード、シカゴ大学教授を務めた現代米神学界の代表的思想家。自己の立場を「信仰的実在論」と呼び著書に「社会主義的決断」(’33年)、「プロテスタント時代」(’48年)、「組織神学」(全3巻、’51〜63年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android