コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウロ派(読み)パウロは(英語表記)Paulicians

世界大百科事典 第2版の解説

パウロは【パウロ派 Paulicians】

ビザンティン帝国の二元論的異端。パウリキアノイ派とも呼ばれる。起源は不明だが,アルメニアでおこったことは確実で,最初はキリスト養子論を奉じていたが,7世紀に帝国の東部に拡大したころには,マニ教的二元論を採用していた。パウロ派の名称は使徒パウロまたはサモサタパウロスに由来するとされるが,7世紀末の教団再建者パウロスの名をとったものであろう。7世紀後半のコンスタンティノス4世の時代に弾圧にさらされ,8世紀前半には主力がイスラム教徒支配下のマナナリ地方に移住した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のパウロ派の言及

【パウロス[サモサタの]】より

…キリスト論からはアリウスの先行者といってもよい。パウロスの同調者はパウロ派(ビザンティン帝国のパウロ派とは別)と呼ばれ,その後も存続し,ニカエア公会議で弾劾されている。【森安 達也】。…

※「パウロ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android