コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パエストゥム パエストゥム Paestum

3件 の用語解説(パエストゥムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パエストゥム(Paestum)

イタリア南部、カンパニア州の町カパッチョにある古代ギリシャローマ時代の都市遺跡。紀元前7世紀にギリシャの植民都市として建設され、ヘラ神殿ポセイドン神殿ケレス神殿のほか、城壁や城門、円形闘技場の遺跡がある。国立考古学博物館には故人をしのぶ絵が描かれた石棺、アッティカ様式の黒い壺をはじめ、出土品が展示されている。1998年、「パエストゥムべリアの古代遺跡群を含むチレントディアノ渓谷国立公園パドゥーラのカルトジオ修道院」として、世界遺産文化遺産)に登録された。ペストゥム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パエストゥム【Paestum】

イタリアナポリ湾南のサレルノ湾沿岸にシュバリスによって前600年ころに建設された都市。ギリシア名はポセイドニアPoseidōnia。現在名はペストPesto。前4世紀にルカニア人の手中に陥り,前273年にはローマによってラテン植民市とされた。帝政期まで繁栄するが,しだいに沼地化し,マラリアの猛威で人口が減少し,9世紀後半アラブによって破壊された。18世紀に道路建設工事中に発見され,発掘された遺跡には,前6世紀建設のいわゆるバシリカ,保存状態良好の前5世紀のネプトゥヌス神殿,帝政期の浴場跡などが見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パエストゥム
パエストゥム

ポセイドン神殿」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パエストゥムの関連キーワードソレントカンパニアサンタルチアスパッカナポリナポリを見てから死ねオールドナポリカンパニア[州]カンパニア平野スパゲティ・ナポリタンナポリ風

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone