コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パクシ島 パクシとうNísos Paxí

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パクシ島
パクシとう
Nísos Paxí

古代ギリシア語読みではパクソイ Paxoi。ギリシア西部,イオニア諸島北部の島。ギリシア本土のイピロス (古代名エピルス) 地方の都市パルガの南西沖約 20kmにあり,ケルキラ島の南に位置する。石灰岩質の丘陵でオリーブが栽培され,良質のオリーブ油を産する。中心集落は東岸のパクシで,主要港。面積 25km2。人口 2247 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パクシ‐とう〔‐タウ〕【パクシ島】

PaxoiΠαξοί》ギリシャ西部、イオニア海にある島。イオニア諸島の北部、ケルキラ島の南東に位置する。中心地は南東部のガイオス。天然の良港があり、本土の港町イグメニッツァとフェリーで結ばれる。また、英国に統治された19世紀の街並みが残っている。北部のラッカは海岸保養地として有名。パクソス島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パクシ島の関連キーワードアンティパクソス島

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android