パスカル ロジェ(英語表記)Pascal Rogé

現代外国人名録2016の解説

パスカル ロジェ
Pascal Rogé

職業・肩書
ピアニスト

国籍
フランス

生年月日
1951年4月6日

出生地
パリ

学歴
パリ音楽院〔1965年〕卒

受賞
ジョルジュ・エネスコ国際コンクールピアノ部門第5位〔1967年〕,ロン・ティボー国際コンクールピアノ部門第1位(第14回)〔1971年〕

経歴
オルガニストの母からピアノの手ほどきを受ける。1965年パリ音楽院をピアノと室内楽で一等賞を得て卒業。’67年ブカレストのジョルジュ・エネスコ国際コンクール・ピアノ部門の第5位に入賞。’69年パリ、ロンドンにデビュー。’71年ロン・ティボー国際コンクールで優勝、以来世界的に活躍。ラヴェルドビュッシー大家として君臨。サン・サーンスのピアノ協奏曲も有名。CDに「ドビュッシーピアノ作品全集」「2台のピアノ フランス作品集」「2台のピアノとパーカッション」など多数。’77年初来日以来、度々来日。リサイタルのほか、小林美恵と長谷川陽子とのトリオでも好評を得る。近年はアミ夫人とのピアノ・デュオを結成

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

パスカル ロジェ
Pascal Rogé


1951 -
ピアノ奏者。
パリ生まれ。
音楽院卒業後、名ピアニスト、ジュリアス・カッチェンに師事し、1967年ユネスコ国際コンクールに入賞、’69年にパリとロンドンでデビューする。’71年ロン=ティボー・コンクールで一位となり、一躍スターの座を獲得。以後、世界各地へのコンサート・ツアーを行い、とくにオール・ラヴェル・プログラムのリサイタルで評判となる。レコードに得意の「ラヴェル・ピアノ曲全集」。その他に「ソナタロ長調」「超絶技巧練習曲「マゼッパ」などがある。1977年来日。母親はオルガニスト。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android