パトリーツィ(英語表記)Francesco Patrizi

世界大百科事典 第2版の解説

パトリーツィ【Francesco Patrizi】

1529‐97
ルネサンス・イタリアのプラトン主義哲学者。ダルマティアに生まれ,パドバ大学で医学,さらに哲学・文学を学ぶ。ベネチア海軍に従軍し,キプロス島司政官となったが,1578年以後はフェラーラ大学で,92年以後は教皇に招かれてローマで,哲学を教授した。歴史・修辞学・哲学などについて多くの著述を残した。《修辞学論》(1562),《詩学論》(1582)は,当時の文学論の焦点となっていたアリストテレス詩学を論じ,そのミメーシス論をプラトン的な美のイデア論によって反駁し,有名となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のパトリーツィの言及

【ユートピア】より

…人文主義や宗教改革など16世紀の精神と響和して,《ユートピア》は人間主義と原初志向とをうたいあげ,あわせて現実批判の鋭利な手段ともなりえたのである。同世紀にはほかにA.F.ドーニ《世界》(1552),F.パトリーツィ《至福の都》(1553)など,新世界情報をも盛りこんだユートピアが描かれた。17世紀初頭には著名な2例があらわれる。…

※「パトリーツィ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android