パナマ草(読み)パナマソウ

デジタル大辞泉の解説

パナマ‐そう〔‐サウ〕【パナマ草】

パナマソウ科の多年草。葉はヤシに似て、円形で手のひら状に四つに裂け、各裂片がさらに細かく裂けており、2~3メートルの長い柄をもつ。雄花雌花とが集まった太い穂をつける。葉をパナマ帽などの編み物細工の材料とする。ペルーなどの原産

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

パナマそう【パナマ草】

パナマソウ科の大形常緑多年草。熱帯アメリカ原産。葉は径約80センチメートルのうちわ状で長い柄を持ち四深裂し、各裂片はさらに裂ける。雌雄両花を肉穂花序につける。葉をパナマ帽や編み物細工の原料とする。パナマ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android