コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラクー Parakou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラクー
Parakou

ベナン中部の町。ボルグー県の県都。ポルトノボ北方約 320kmに位置。ニジェールと,ギニア湾にのぞむ港湾都市コトヌーと結ぶ鉄道の沿線にあり,綿花ナンキンマメ,シェアナッツ,カポック,家畜などを集散。同国中・北部のみならずニジェールの輸出品もここを経由してギニア湾岸に搬出される。人口6万 5945 (1982推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パラクー(Parakou)

ベナン北部の都市。大西洋岸のコトヌーと鉄道で結ばれる交通の要地であり、中心的な商都として知られる。かつては奴隷交易の拠点だったが、現在は綿花の集散地になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パラクーの関連キーワードチャウールーダサズメ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android