コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラチオン中毒 パラチオンちゅうどくparathion poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラチオン中毒
パラチオンちゅうどく
parathion poisoning

農薬として多く使用される有機リンパラチオンの中毒量は,経皮で 500mg,経口で 100mgである。中毒症状としては神経の障害が主で,軽症では嘔吐,発汗,流涎,中等症では歩行,言語,運動の障害が現れる。重症では意識混濁,肺水腫,高度の縮瞳が生じる。大量のアトロピン人工呼吸酸素吸入強心剤などによって治療する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パラチオン中毒の関連キーワード農薬中毒

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android