コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラティン詞華集 パラティンしかしゅう

2件 の用語解説(パラティン詞華集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラティン詞華集
パラティンしかしゅう

ギリシア詞華集」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パラティン詞華集
ぱらてぃんしかしゅう
Anthologia Palatina

紀元前7世紀から後10世紀までのエピグラム4000編余りを収めるギリシア詩の一大集成。西洋文学では最大のアンソロジーで、『ギリシア詞華集』Anthologia Graecaとも称される。成立は、前1世紀の詩人メレアグロスの編んだ詩選集『花冠』Stephanosにさかのぼる。10世紀初頭コンスタンティノス・ケファラースは、メレアグロスの『花冠』とそれ以後に編まれた2種の詩選集に新作を加えて15巻の詞華集を編纂(へんさん)した。この詞華集は、その古写本が1606年ハイデルベルクのプファルツ侯の書庫Bibliotheca Palatinaで発見されたことから『パラティン詞華集』とよばれるが、それまでは完全に忘れられていた。つまり14世紀にマクシモス・プラヌーデスが手を加えて編んだテキスト、むしろ改悪ともいうべきものが、ルネサンス期を通じて17世紀ころまで唯一の底本として珍重されていたからである。のちに『パラティン詞華集』全15巻に含まれない300編余りをプラヌーデスの詞華集から取り入れて第16巻とし、ここに初めて『ギリシア詞華集』とよばれる16巻本のアンソロジーが成立した。全巻に洗練された「遊び」の精神があふれ、ことに恋愛詩、風刺詩、碑銘詩に秀作が多い。[伊藤照夫]
『呉茂一訳『ギリシア抒情詩選』(岩波文庫) ▽『呉茂一訳詩集 花冠』(1973・紀伊國屋書店) ▽沓掛良彦訳『牧神の葦笛――ギリシア詞華集抄』(1978・牧神社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone