コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラピテクス parapithecus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラピテクス
parapithecus

化石霊長類の一つ。エジプト漸新世の地層から発見されたもので,最古の,最も原始的な真猿類の化石とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パラピテクス
ぱらぴてくす
Parapithecus

第三紀の漸新世前期に属する化石霊長類。エジプトのカイロの南西100キロメートルの有名な化石出土地ファイユームから、1908年、その下顎(かがく)骨が発見された。リスザル程度の大きさの動物とみられる。側切歯、犬歯、小臼歯(きゅうし)の関係がはっきりしないところから、多くの学者の注目するところとなっている。メガネザル的要素を保つが、真猿類の最古の祖型であるとみなされている。[香原志勢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパラピテクスの言及

【化石霊長類】より

…エジプトのカイロ南西約100kmの位置にあるファイユームから,これまでに多数の漸新世霊長類の化石が出土しており,6属9種に分類されている。とくにパラピテクスParapithecusとアピディウムApidiumは1科を構成し,いずれもよく知られたグループである。前者は多くの特徴によって原猿類と真猿類の移行的位置にあり,後者はかつて最古の人類ではないかと騒がれたオレオピテクスへと進化し,絶滅した。…

【霊長類】より

…漸新世は霊長類化石の乏しい時代であるが,エジプトのファユウムでは多彩な化石が出土しており,その一つ一つは原始原猿類と真猿類をつなぐ重要な意味をもつものである。ショウジョウ科のエジプトピテクスAegyptopithecus,オレオピテクス科OreopithecidaeのアピジウムApidiumとパラピテクスParapithecus,ヒト上科に入ることはまちがいないとされるエオロピテクスAeolopithecus,オリゴピテクスOligopithecus,プロプリオピテクスPropliopithecusなどである。またアルゼンチンで最初のオマキザル,ドリコケブスDolichocebusが発見されている。…

※「パラピテクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android