コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルクール パルクール 〈フランス〉parkour

3件 の用語解説(パルクールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パルクール(〈フランス〉parkour)

特別な道具を用いずに、障害物を乗り越えたり素早く移動したりするスポーツ。多く、街中にある建物や壁などを使って行われる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

パルクール

特別な道具を用いずに、町の設置物や自然の地形などを障害物に見立て素早く移動していくスポーツ。略称はPKで、パーコーともいわれる。20世紀初頭にフランスで発祥した。一般に町の中でプレイされ、斜面や樹木、壁、手すり、建物、段差などを次々と上ったり飛び越えたり渡ったりして移動していく。日本では数十のチームがあるとみられ、14年4月には日本パルクール協会が設立された。宙返りなどの高度な技を多用しパフォーマンス色を強くしたものは、フリーランニングまたはフリーランと呼ばれる。こうした特別なパルクールは複数の映画に取り入れられており、ネット上にも多数動画がアップされ人気となっている。

(2016-7-7)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パルクール
ぱるくーる
parkourフランス語

町のなかの手すりや壁、建物の凹凸、段差などを障害物と見立て、道具を使わずにすばやく飛び越えたり、柵(さく)の細い横木の上を歩いたり、高い位置まで乗り移ったりしながら移動するスポーツ。パーコーともいう。略称PK。パルクールのパフォーマーはトレーサーtraceurとよばれ、自分の手足の力や身のこなしによって、障害物を獣のように乗り越えながら高速で移動することが特徴である。特別な競技方法や規定はなく、一般的にはジャンプ(跳躍)、ランディング(着地)、ロール(受け身)、バランス(体の平衡)、ボルト(手を使って障害物を越える)、ステップムーブ(障害物をけって体の向きを変える)、ウォールラン(壁などをけって移動する)、ウォールクライム(壁を登る)などが基本的な移動方法である。トレーサーはその場の状態を瞬時に判断し、得意なやり方を組み合わせて移動する。なお、移動中に宙返りなどを組み合わせた離れ技を披露する場合があり、このようなストリートパフォーマンスはフリーランニング、フリーランとよばれることもある。
 パルクールの原点は、障害物を使ったparcours du combattant(パルクールデュコンバタン)というフランスの軍事訓練とされる。これは20世紀初頭にフランス海軍の将校がアフリカ先住民の俊敏さに触発され、自ら体得するために行った訓練方法であった。その後、この軍事訓練をもとに編み出されたものがパルクールである。考案者のダビッド・ベルDavid Belle(1973― )らは、ストリートパフォーマンスを行うパルクールの集団「ヤマカシYAMAKASI」を結成。そのパフォーマンスをリュック・ベッソンが脚本を手がけた映画『YAMAKASI ヤマカシ』や『TAXi2』などで取り上げたため、一躍有名になった。以降、多くのアクション映画や宣伝映像に登場するようになり、ネット動画の配信サイトでも人気を集めている。実際に楽しむ人も世界中で増えており、日本でも若い男女や子供向けにアレンジされたプログラムを組み、スポーツジムなどで取り入れる動きがみられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パルクールの関連キーワード障害物競走障害徒走り苦難克復千波万波一山越す平叙文生抜く踏越える

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パルクールの関連情報