パロマウィルソン山天文台(読み)パロマウィルソンざんてんもんだい

精選版 日本国語大辞典の解説

パロマウィルソンざん‐てんもんだい【パロマウィルソン山天文台】

(Mount Palomar-Wilson Observatories の訳語) アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるウィルソン山天文台とパロマ山天文台の総称。ともにカリフォルニア工科大学に所属。ウィルソン山天文台は一九〇三年に太陽観測所として発足、一七年口径約二・五メートルの反射望遠鏡の完成以来、恒星の内部構造や星雲の構造などを研究。パロマ山天文台は一九四八年世界最大の口径約五メートルの反射望遠鏡を完成、銀河系外星雲や恒星スペクトルなどを研究している。現在、両天文台の創立者ヘールにちなんでヘール天文台と呼ばれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android